ネクタイの結び方

シンプルノット

ネクタイの結び方

ハンドタイの4にも。「単純ネクタイ」と呼ばれている
彼を結合するのに非常に簡単で良さそうに見えます。
手のネクタイの4は間違いなく、多機能で、これもほとんどのファッションの襟にフィットします。
手のネクタイの4が最初で、少年は彼から学ぶ父。
時々 、そのような”イタリアの結び目」または「ドイツ古いノード」など、他の名前で行く。
手で4つの航海ノードが作成されたネクタイ。
ロンドンでは、「手の4」の名称でクラブだった、ファッショナブルな身に着けていたお客様は、同じノードとの長い関係は、それらを介して、彼は人気を得ました。

ハンド結び目の4は非対称である。
狭いと若干広い襟に適しています。
フォーハンドの結び目が自分自身を解決するに。
これは、すべての行事のために使用することができます。

カテゴリー: ネクタイの結び方 | コメントは受け付けていません。

スモールノット

スモールノット

スモールノット

「クワッド」よりも少ないターンを固定しているため、このサイトは、単純なようだ。実際には、きれいな形を与えることは困難である。これは、粗物質の関係に適している。

「東洋」は「または「アジア」を意味する。初めてこのノードは、フィンクと毛沢東によって言及されました。彼らはアジア人のための「東洋」はヨーロッパと米国のために「クワッド」と同じであることを主張する。

ユニットは3つの簡単なステップで固定されているため、一部の専門家は、それが最も簡単なことを検討してください。しかし、これはそれが初心者のために意図されていると言っているわけではない!それバルクとウールネクタイのための理想的なハブになり、サイズ、形状、で、エレガントな小さな、唯一の長い訓練によって達成することができる。あなたがこのビジネスに新しいしている場合。それは「クワッド」または「ケント」を起動しようとすることをお勧めします。

– 外部への首の縫い目ネクタイを投げる。ノードの準備ができたら、ワイド端面を回す。まだ目に見える継ぎ目も一部には、あなたが彼のシャツの襟を閉じることができます。

– このユニットは、それが注意深くなければならないので、簡単に、溶解され、より強力なネクタイは締めて。

– それは、1つのクロスステップ、材料費が安価であるため。そして、それは多くの場合、狭いまたは広い端部長さが十分な大きさであることが起こる。このため、男性の近くに適当な部位へ。

主な特徴ネクタイの結び目オリエンタル

– バックアップユニット
– わずかに非対称な
– 民主党小さな襟
– バルクTieの
– ウールネクタイのために不可欠
– 溶解しない
– 大きな男性のための

カテゴリー: ネクタイの結び方 | コメントは受け付けていません。

ウインザーノット

ウインザーノット

ウインザーノット

このノードは、いずれにしてもあるそれは非常に異なって結ばれているように、ウィンザー」の単純な継続ではありません。非常に広いシャツの襟のためにそれを持っていこう!

名前のノードであるデューク·フォン·ウィンザーは、彼の発明とは関係ありません。ちょうどその時に、このサイトのファンは、ファッションの事項に公爵に従うことをしたいと思います。このボリュームは、ノードはあなたの外観を受賞されていないものから、通常の襟を上げ終了。
加えて、彼はビット俗物と考えられている。

代わりに、装飾的な折り目あなたは「ウィンザー」「ディンプル」を飾ることができます。実際には、「ディンプル」 – 直接ノードの下にある装飾倍、わずかの、楕円形、です。

あなたは、ほぼ完成している場合には溝が得られるように、結び目下のネクタイに人差し指を押してくださいこのとき一方、ユニットを保持する。

結び目を締めながら、今の凹部を絞り出す

これは装飾的な折り目平均を形成している。折り目が非常に短いを与えているので、それは限り長辺がひだのように休まれていません。

主な特徴ネクタイの結び目ダブルウィンザー」

– 対称
– 広く間隔のカラーについては、
– 光弾性材料について
– 広いネクタイに縛ら場合は視覚的に長い首を短縮
– 鋭いあごに来て

カテゴリー: ネクタイの結び方 | コメントは受け付けていません。